さくれ吹雪。

日常のつれづれ、同人について語ります。

観峰館に行ってきました

東近江市に、仏画を観に行ってきました。

www.kampokan.com

収蔵品が優れていて、館内も広大なのに、
はっきり云ってガラ空きの観峰館。
絵画一枚につき、余裕で15分くらい鑑賞できます。

とくに気に入ったのは、文殊菩薩が獅子に乗った画。
獅子が首を曲げて、自分の背に乗った文殊さんの顔を見上げています。
そんな獅子をいたわり深く見下ろす文殊さん。
見つめ合うふたり。

これは…初めてみました。

文殊さんの乗騎は獅子と決まっているので、組み合わせとしては当然のペア。
ですが。眼から鱗でした。

…そうだよなあ、自分のだいじな乗騎だもん、可愛いよなあ。
武士が馬を大切にするのと一緒だよなあ。
いいなあ。ちゃんと、身内のことも大事にしておられるかたなのだなあ。

見ていて、なんともしあわせな気持ちになりました。
すごく可愛い一枚。必見です!

ちなみに、韋駄天の画もあったのですが、
しぶいおじさまとして描かれていました。
ちょっとびっくり。
少年じゃないんだ…でもアリ!イケる!
カルチャーショックが心地よい…!

この博物館は、書を中心につくられた施設のようですが、
西洋アンティーク室や、中国皇帝の離宮の復元コーナーもあります。
トイレがまめに設置されていますし、
全館、車いすで移動可能です。
廊下に無造作に置いてある椅子たちまでもが骨董。
トイレの蛇口もモンスター飾り。

すみずみまで楽しめる施設で、
ぜんぶ観ようと思ったら2日間くらい欲しい感じ。
駅前にホテルがあったので、次回はほんとにそうしようかしら。

駅からのバスは、30分に1本なので、ちょっと凍えましたが。
雪をかぶった山々と、目の前いちめんに広がる田んぼというのは、
わたしの故郷にとてもよく似ていて。
なんとも、あたたかい旅でした。

さいごに。
全くこの記事に関係ないけど、
「ミハラ兄弟お誕生日おめでとうございます!」
フレデリック」というバンドがすきです~。
ボーカルとベースが双生児だそうで、
いつまでも仲良くあれと、おばちゃんは祈るのですv
www.youtube.com

それから、Mもはぴぱ!
あなたの行く道があかるいように祈っています。
しあわせな一年になりますように。