さくれ吹雪。

日常のつれづれ、同人について語ります。

なんでも喰べるよいこです。

気まぐれに買った電子書籍がむっちゃツボりました。

ヒロインの桐谷さんは、なんでも食べるよい子です。
というか、どんな生き物にも食欲を抱く子なのです!
作中では「雑食」と表現されていますが、
カエルとかヘビとか、さばくところから始めて喰ろうてしまうのです。

いや~、カエルの剥き方は、この漫画で初めて知りました。
機会があればやってみようかと思います。
カエルと云えば。
以前、ネットサーフィンしてたとき、
「広告」として表示される写真が、どう見ても「脚」っぽくて。
クリックしてみたら、やはり「フロッグレッグ(カエルのモモ肉)」でした。
フランス料理用のをお徳用で販売していたようです。
買う度胸はありませんでした…。独居ですし…。

わたしが喰ったことある「雑食」は、多くありません。
「イノシシ」「シカ」「キジ」は、
秋になると、篠山の肉屋で買って食べてましたが、
雑食というほどでないし。
「ハチノコ」や「スズメ」もメジャーですしね。

スズメの焼き鳥は、伏見稲荷に行ったとき食べました。
参道に、焼きながら売ってる店が何軒かあります。
名物なのかな?
山椒が効いてて、甘辛い蒲焼き味。
骨ごと食べられるとのことで、頭からばりばりといただきました。
脳みそは、レバーっぽい味でした。やっぱ、臓物なのだなあ。
今度詣でたときは、伏見の酒をいただきながら食してみたいものです。

ハチノコは、カツオ節の佃煮っぽい味です。
成虫はがさがさした食感ですが、
幼虫は「ぷちゅっ」とつぶれる感じがたまりません。
味は濃厚だと思います。
ごはんにのせてもイケますが、酒の肴にもいいです。

う~ん、雑食、したくなってきたなあ。
3~4人集まるなら、イノシシとかキジとか取り寄せて、
年末にでも鍋をしたいものですが。
シカと葱を炒めたやつで一杯やりながら、
シシが煮えるのを待つ忘年会とか。いいなあ。

ちなみに、アタシの実家がひいきにしてる肉屋はこちらです。
www.oomiya.com

山の肉は、カラダがあたたまるのでいいですよ。
是非どうぞv