さくれ吹雪。

日常のつれづれや、剣舞や同人について語ります。

稽古帰り。

剣詩舞の稽古は、月2回。
剣舞の曲目は、伊藤博文漢詩「某楼に飲す」。
詩舞(扇舞)は、「富士山」という曲を習っています。

しかし‥。
月2回ではぜったい足りない。
習い始めて半年経ちますが、覚えた振りは曲の半分にも到達していない。
さりとて、毎週本部に習いに行くほどの気概はありません。
まあよいか。ぬる~く参ります。

稽古帰りに、ときどき、茨木神社へ詣でます。
稽古場の沿線なので。
茨木童子」という鬼のモニュメントが、神社近くの橋に居ります。
伝承では隻腕ですが、このモニュメントはちゃんと両腕あり。
むっちりした腕で金棒を握っているのを見ると、すごくほっとします。
(そしてつい、なでてしまう‥)。

神前にて、何事無く過ごせていることを感謝。
のち、おみくじを引きました。
少々うかれているようで、「気を引き締めてかかるように」という内容でした。
はい。気をつけます。有り難う茨木さまv

舞扇が傷んできました。
詩舞にハマってきたようで、家での自主トレが愉しいのです。
替えを買っちゃおっかな♪