読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくれ吹雪。

日常のつれづれや、剣舞や同人について語ります。

暦はたのし。

奈良に棲んでいた頃、毎年買っていた暦がありました。
東大阪市瓢箪山稲荷の「瓢箪山本暦」です。

日本三稲荷のひとつである瓢箪山の暦は、
他のお稲荷さんの祭祀情報ものっていてすごく面白いのです。

たとえば、明日はお稲荷さんの縁日「初午(はつうま)」なのですが。
瓢箪山では明日、祭祀が行われますが、
葛葉稲荷(御祭神は、陰陽師安倍晴明のご母堂「葛葉姫」)では、
旧の初午である3月8日が初午大祭だ、とか。

そう、明日、初午なんですよ!
なので、ほんとは明日、稲荷詣でをするのがタイムリーなのですが、
事前にぐぐってみたら、超絶混雑が予想される感じだったのです。

なので、本日、初午イヴに詣でてきました!
で。
帰宅後、買ったばかりの暦を見て驚愕。

今日は己巳(つちのとみ)の日だったのですね。
財宝の神・弁天様の縁日です。
財布を新調するのに最高の日だったのですっ!
しまった‥。
沿線の百貨店で財布を物色したけど買わなかった(泣)。

つぎの己巳は4月12日だそうです。
それまで待とう、うん。
気に入った物を手に入れられるよう、
お金を貯めて待ちます。

で。
これも暦で知ったことですが。
今日は建国記念日だったんですね。
忘れてました(^^;。
祖国の誕生日だ~、祖国はぴばです♪
ちなみに、暦によると、2677歳だそうです。
ヘタリアが好きなので、今年の祖国生誕祭、
あとでPixivに観に行きます!

で。
2月11日と云えば、「逃げ恥」の風見さんの誕生日ですね。
わたしは電子書籍で読んでるんですが、
読み返してひたってました。

8巻の時点では、失恋記念日になってしまってますが。
ハッピーエンドを期待します!

さ、明日はきっちり初午を祝って稲荷鮨喰いますよ!
楽しみなのです♪

せっつぶーん♪

昨日は平成29年肉年の節分でありました。

ということで喰らいましたよ行事食!
ブリトー」と「生春巻き」と「ロールケーキ」!!

いえ、ほんとに節分コーナーにあったんですよ、これらの巻物。
まるかぶり仕立ての様相で。
もはや、巻いてあったら何でも良いのですな。

たしか、「節分→巻き鮨」の起源は、
「海苔の消費の少ない2月の乾物屋を活性化させるため」
とか聴いた覚えがあるのですが。
海苔のかけらもない節分を堪能してしまいました。
このぶんだと、ダンディな諸卿は「葉巻」を喫されるのも風流かと。
なかなか愉快であります♪

で。
きょうは立春なのですが。
昨夜の名残で、節分にちなみ、「鬼ころし」を呑んでおります。
本を読みながらちびちびと。至福v

休日はイラストを描くことに決めておるので。
鬼ころしでじわじわ上がるテンションを紙にぶつけるのだっ!

少女ふぜゐと、新刊と。

「少女ふぜゐ」というボカロ曲が、現在お気に入り。

【オリジナルPV】「少女ふぜゐ」歌わせていただきました。 影縫 英
夢野久作の「少女地獄」を想起させる動画。
おもわず、「何んでも無い」を青空文庫で読み返しました。
姫草ユリ子は、嫌いじゃ無いです。
むしろ、惹かれてしまうのです。

さて。
先だってから、拙書「幻想文画句」を一冊にまとめられぬか、思案しております。
おともだちに、それを勧めてくださるかたがありまして。
ためしに、目次を作ってみたら、58柱の神霊を書いてきた事が発覚。
イラストと文章が見開きで進行するので、現在116ページなのですね。
成る程、一冊にまとめるとすれば、今しか無い感じです。

次のイベントは、5月の関西コミティア
前向きに、総集編の発行へと歩みを進めます。

かいたいコミックスとか、いきものとか

pixivに毎日ログインしています。
最近は、エッセイ漫画がアツいようですね。
昨日知った珠玉の逸品はこちら。

腐男子社長

腐男子社長

《クールな腐男子社長がろくでもないことを教えてくれる、残念な教養マンガ!

「こんな会社で働きたい!」の声続々!
腐男子社長が語る世界の真実……オタク用語で説明すると、世界はこんなにわかりやすい!
Twitterで話題沸騰、pixivコミック第1位獲得の超人気連載が大幅な描き下ろしを加えて待望の書籍化。》

コミックスの発売日は来月ですが、
つつしんで全裸待機させていただきます。
この社長の部下になりたい‥!!

発売日と云えば、LOVELESSの13巻が来週出ますね。
楽しみなのです。

今日、仕事中に知ったうんちくは。
泉鏡花は、兎グッズの収集家だった(はっきり云ってマニア)」。
兎沼か‥解ります。
どこかでコレクションを展示したりしてないかな。
なんかすごく気になるネタです。
兎ではないですが、わたしも偏愛するいきものはありますし!
なんというか、トーテム(守護獣)ってありますよね。

最近気になるのがAmazonのアクセ部門。

パルナートポックというブランドがお気に入り。
動物や花、野菜をモチーフにしたアクセのブランドです。
もちろん、兎も居るでよv

さて。あさっては文学フリマ京都です。
センター試験とかちあうので、
交通機関で圧死せぬよう、わがトーテムに祈ります。
推して参る!


 

らぷんつぇる。

ご趣味は?と問われれば「妄想です」と答えるわたしですが。
神話や御伽噺をネタにした妄想が、とりわけ好物です。

ORIGINに居た頃、
ラプンツェル」は同性愛の話である、
というのを思いついたのですが。
あれから何年も経って、
ボーカロイドの曲に同じ発想の物があることを知りました。


(Engsub)【巡音ルカ】「ウィッチとラプンツェル」魔女side

「ウィッチとラプンツェル」。
「ロミオとシンデレラ」の替え歌です。

魔女はおばあさんではなくて、
外見も気持ちも若い。
ラプンツェルを塔に閉じ込めていたのは、
恋愛感情を抱いていたから。

そう思って原作を読み返すと、
納得できるのです。
ラプンツェルの妊娠を知って、荒れ野へ追い出し、
王子を塔から突き落とすのも納得できます(^^;。

「ウィッチとラプンツェル」は、
魔女がルカ、ラプンツェルがメイコなのですが。
魔女視点のバージョンの他に、
ラプンツェル視点のバージョンと、
王子(カイト)視点のバージョンもあるようです。

寒い休日は、おうちでまったりと動画を鑑賞しますv

同人のはなし。

本日、冬インテに参戦してきました!
こちら、戦利品です。
f:id:sacren:20170108200909j:plain
ずっと欲しかった、ドリフターズ本。
それと、進撃本です。

あいにく、雨の一日でしたが、
コスプレの皆さまは変わらずうるわしい。
刀剣のプチオンリーも開催されていたので、
刀剣男子に扮した方を多く見かけました。

そのなかに、はっと目を惹くレイヤーさん(男装女性)が居まして。
すれ違いざまに思わずふりかえったのですよ。

顔は、よく見えなかったけど、ふつーに可愛いひとです。
身長は低め。体型は細身よりの標準。
どこにでもいるような若い女の子です。
なのに、宝塚のようなオーラがあふれてる。
なぜだろう、とちょっと考えてみたのです。

で。結論は、
「ものすごく姿勢が良かった」。これに尽きます。
背筋をぴんとさせて歩くって、これほどオーラが出るものなのか。
感嘆と反省の嵐にしばし揉まれておりました。

話は変わって。
同人誌を実家から大量に送ってもらったので、収納を増やしました。
参考にしたのはこちら。
matome.naver.jp
で、さっそく無印のケース、別名「同人誌保管ケース」を買いました。
f:id:sacren:20170108200918j:plain
こんなかんじに、B5の冊子にジャストフィットな品なのです。

くわしくは、「無印」「同人誌」でぐぐってみてください。

かさばるものなので、通販をたのんだのですが。
気になるのは送料無料のボーダーライン。
無印の公式サイトは、5000円以上で送料無料なのですよ。
が。
ロハコの無印コーナーは、1900円以上で無料適用なのです!
なので、ご購入の際はロハコを利用されるのがお勧めですv

それから、こちらの引き出しは、ストッパーがついていません。
なので、2段以上重ねると、落としたとき危険です。
足の骨砕けるかも(^^;。
それだけ注意すれば、キタコレな品であります!!

謹賀新年。

今年もよろしくお願いします!

2017の年賀状は、こちらをお送りしました。

【オリジナル】「あけましておめでとうございます。」イラスト/ラ伎@文フリ京都:え23 [pixiv]

酉年ということで、トリっぽい妖怪を。
「尼天狗」です。
くわしくは5月の新刊で☆

今年の正月は、ぶっちぎりの寝正月でした。
午後に起きて、買い置きのごちそうをたべて、
イラスト描いて、ネットして、
夜中までゲームして、午後まで寝る。
嗚呼、まさに「(残念な)大人」ならではの楽しみ!

ただ、酒は飲んでません。
元旦に、メル友と誓い合ったのですよ、ともに10キロ減量しようぜ、と。
で、とりあえず、酒をやめてみました。
かわりに、ルピシアの福袋をあけて、お茶をすすっております。

2017年の抱負は、「タイピングの速度をあげたい」。
職場で、短歌の雑誌の版下作りをしているのですが。
現在は、130人×6首を打つのに、3時間×4日かかっているのです。
もうちょっとペースアップしたい。
組織の役に立つ人間になりたいです。

里帰りはしませんでした。
初詣もまだです。
ただ、ここ数年、恒例にしているのが、三が日に仏画を描くこと。
お正月に仏像の図版が届くので、それを模写するのがならいになりました。
独りは独りなりに、恒例行事ができるのが、我ながらおもしろいです♪